3代目店主の日記

農園のご紹介:「竜土自然農園 おひさまの里」

当店の定番「鬼まんじゅう」には季節によって、菅原文太さんの農園「竜土自然農園 おひさまの里」のサツマイモを使用しています。

こちらでは「一学一農」を掲げられていて、ただ農業を行うだけでなく、研修や学習の場としても考えれているようです。

また、無化学肥料を使った農業を心がけられていて、本当に身体に優しい野菜を作られています。形は不揃いだったりしますが、その分は味は非常に優れていて和菓子の材料としても自然な甘みを出すことが出来ます。「鬼まんじゅう」は10月末~翌年3月に、二種類の物が店頭に並びますので、ぜひ違いを楽しんでください。

6月のお菓子歳時記

6月【水無月(みなづき)】

◆和菓子の日(16日)
平安時代の昔からこの日にお菓子を食べると「健康と幸福を招き、災いから身を守る」と言われています。
それを<<嘉祥(かじょう)菓子>>と予備、『嘉祥の日』と言います。

◆父の日(第3日曜日)
美味しいお茶とお菓子で、今日の主役はお父さん

6月は以上の2つの日があります。
今年は偶然にも和菓子の日と父の日が重なっていますね。
お父さんへのねぎらいも兼ねて、今年はご家族で和菓子を楽しまれてはいかがでしょうか?

【住所】愛知県名古屋市瑞穂区惣作町2丁目12番
【営業時間】8:30~19:30
【定休日】水曜日

鬼まんじゅうと芋ようかんで好評な「亀吉廣」
名古屋市瑞穂区で創業60年の老舗和菓子店です。

Copyright© 2013 亀吉廣 All Rights Reserved.